「人材育成研究」論文投稿規定

目的

機関誌「人材育成研究」は、学際的見地にたって、人材育成にかかわる研究論文等(研究論文・研究ノート)と研究論文等以外(展望・事例・資料・書評等)を掲載する。研究論文等以外の原稿については、編集委員会が執筆を依頼することがある。

投稿資格

本学会員は、研究論文等および研究論文等以外の原稿を随時自由に投稿できる。(本学会員のうち、学部生会員については社会人会員の推薦を要する。)投稿原稿は、過去にその内容が未発表のもので、現在も他誌に掲載が予定されていないもの(投稿中のものを含む)に限る。なお、投稿をもって、当該原稿が未発表であり、かつ他紙に掲載予定がないことを申請したものと見なし、編集委員会によってその真偽の確認は行わない。このため、重複投稿によって争訟が起きた場合は、その全責任を執筆者が負うものとする。

投稿原稿の種類

投稿できる原稿の種類は、下記に分類され、投稿原稿の種類に応じて、原稿の構成と審査方針が異なる。

研究論文・研究ノート・展望・事例・資料・書評

投稿方法

本学会事務局編集委員会宛て、投稿原稿を1部提出する。MS-WordまたはPDF形式による原稿のEメールによる投稿も受け付ける。掲載決定後の最終原稿については、電子媒体による提出が求められる。投稿原稿は原則として返却しない。

字数制限

投稿原稿の字数は、投稿原稿の種類を問わず、原則として24,000字以内とする。投稿原稿はワードプロセッサを用いて、A4版横書きで作成する。

研究論文等原稿の構成

研究論文等は、表紙(表題・投稿者名・所属機関名を含む)、英文アブストラクト、キーワード(英文、和文どちらかに統一)、本文、参考文献からなり、必要に応じて表と図を活用する。表紙には、表題・投稿者名・所属機関名を、和文と英文で記す。また、事前に専門家の校閲を受けた100~200語の英文アブストラクト(英文要約)を必ずつける。本文は、常用漢字、現代かなづかい、算用数字を用い、簡潔かつ明確に記述する。以下に示した書式に従って引用文献をまとめ、必ず記載する。また、必要に応じて図表を添付する。ページ番号を、本文、引用文献、図表を通して振る。

研究論文等以外の原稿の構成

研究論文等以外の原稿(展望・事例・資料・書評等)は、表紙(表題・英文タイトル・投稿者名・所属機関名を含む)、要約(200字程度)、本文、引用文献、図表、付録等からなる。表紙には、表題・投稿者名・所属機関名を記す。また、書評以外の原稿では、本文の内容を200字程度でまとめた要約をつける。本文は、常用漢字、現代かなづかい、算用数字を用い、簡潔かつ明確に記述する。引用文献は以下に示した書式に従ってまとめる。また、必要に応じて図表と付録を添付する。ページ番号を、本文、引用文献、図表、付録を通して振る。

タイトルの表記方法

英文タイトルの表記方法は、タイトルとサブタイトル間はコロン(:)でつなぎ、同じフォントを使い、日本語のタイトルの表記方法は、タイトルとサブタイトルの間は、「-」でつなぎ。サブタイトルのフォントサイズは、タイトルより小さくする。

見出し

最上位の見出し(節見出し)は、1.2.3.の算用数字を用いて太字の横見出しを記す。以下の区切り(項見出し)については、必ず改行を行い、節、項を順に示す算用数字を用いて(たとえば、1.1、1.2など)太字の横見出しを記す。

引用文献

引用文献は原稿の最後に一括し、原則として邦文献・洋文献を分けず、著者名のアルファベット順に並べる。引用文献の一覧に必要な書誌情報は以下のとおりとする。

■邦書籍の場合

著者名(発行年)『書名』出版社名

■洋書籍の場合

Author surname(s), initials. (Year of publication). Book title (in Italic). Place of publication: Publisher. (翻訳がある場合:翻訳者名『翻訳書名』出版社名 発行年)

■邦論文の場合

執筆者名(発行年)「論文名」『雑誌名』巻号,ページ.

■洋論文の場合

Author surname(s), initials. (Year of publication). "Article title." Journal title (in Italic), Volume, Pages.

図表

図と表は、用紙1枚に1つずつ作成し、本文とは別にして、原稿の末尾に添付する。それぞれ図1、図2・・・、表1、表2・・・のように通し番号を振り、各図表に必ず表題をつける。投稿者自身が作成したもの以外の図表を掲載する場合には、図表の欄外に出典を必ず明記し、引用文献に必要な書誌情報を記載する。

付録

付録の形式はとくに指定しない。ただし、印刷の都合や内容に応じて編集委員会が掲載の可否を決定する。

論文審査

投稿された研究論文等の原稿は、編集委員会が委嘱する審査者の審査結果に基づき、編集委員会が掲載の可否を決定する。投稿された研究論文等以外の原稿(展望・事例・資料・書評等)についても、編集委員会が掲載の可否を決定する。必要に応じて、原稿の改稿を依頼することがある。

コピーライト(版権)

投稿原稿のコピーライト(版権)は本学会に帰属する。

国際標準逐次刊行物番号

ISSN No.:1880-635X

英文学会誌名

Japanese Journal of Human Resource Development

その他

その他については、編集委員会の申し合わせ事項に従う。

投稿原稿送付先

〒158-8630 東京都世田谷区等々力6-39-15 (学)産業能率大学内

人材育成学会事務局 「人材育成研究」編集委員会

Eメール:JAHRD@hj.sanno.ac.jp

制定 2004年7月11日

改訂 2005年12月11日

改訂 2011年12月18日

改訂 2012年12月9日